記録

警固公園の夜景をシャッタースピードを遅くして撮影してみた

やっぱり、シャッタースピードを遅くして、三脚で撮影すると、イルミネーション綺麗に撮れますね!

Sモードで30秒のシャッタースピードで撮影してみました

ISOを低くして撮影することができるため、ライトだけじゃなく、写真全体のノイズが少ないため、とってもくっきり撮影された感じになりました。

警固公園のイルミネーション

露出を抑えて、シャッタースピードを遅くして撮影してみました。

ちょっとぼんやりした光が切ない感じです。

三脚に立てて、シャッターを手押しすると、やっぱり少しブレが生じますね。

なんかちょっと納得のいかない一枚です。

個人的にはこの写真がすきです。

もちろん、RAWファイルの編集もしているんですが、光の輝き具合と、葉の感じがなんか幻想的で好きです。

ちょっと青っぽい補正にするだけで、イルミネーションなどのイメージはガラッと変わりますね!

今回利用した三脚

Amazonで購入したこの三脚です。

足がフレキシブルに動くのでいろんなところに設置できるのがGoodです。

ただ、足を伸ばすことはできないので、本当に携帯用の簡易三脚って感じですね。

質感はかなりしっかりしていて、結構重宝しています。

今回の撮影も全部この三脚を利用して撮影したものです。

まとめ

シャッタースピードを遅くすると相当ブレやすいので、手でシャッターを押す場合は注意が必要です。

遠隔リモコンでなく、手でシャッターボタンを押す場合のポイントは

超ソフトタッチで優しく押し込む。

その際も、カメラ本体の下から優しくカメラを支えながら、シャッターボタンを押すのがポイントです。