動画編集

MotionでFinalCutProXのタイトルを作成時Rigを使おう!

FinalCutProX(以後FCPX)のタイトルの編集にMotionを利用している人も多いと思います。

今回はRigの利便性と設定の仕方を残しておきたいと思います。

かめ
かめ
これ、最初は意味不明だったけど、わかると超便利

Rigってどんな機能?

MotionでFCPXのタイトルを作成した場合、テキストはいろいろFCPX上で編集可能ですが、シェイプ(図形など)はFCPX上で色が変えれなかったり、意外と面倒です。

そんな面倒を解決してくれるのが、Rigです。

かめ
かめ
やるやん!Rig!

あらかじめ、色などをカスタマイズしておけば、FCPX上でスタイルを選べるようになります。

Rigの使い方

オブジェクトから追加するだけなので簡単です!

オブジェクトを追加のプラスマークをクリックします。

リグをクリックします。

リグのインスペクタを開くと以下のような表示になります。

ポップアップが一番よく使いそうです。

かめ
かめ
もちろん、複数設定することもできるよん!

編集モードの開始ボタンをクリックすると、ダイアログが出てきます。

開始を押した後に、変更したい部分を変更(色などなど)して、リグ編集モードを停止をクリックします。

すると、変更を加えた所のリストが出てくるようになるので、ポップアップのところを切り替えると、変更したものに瞬時に切り替わります。

FCPXでリグの変更を使用するには

タイトルを保存する前に公開の設定が必ず必要です。

ポップアップの一番右にあるマークをクリックします。

メニューが開くので、公開をクリックすればOKです。

Motionのプロジェクトのインスペクタで、公開されたパラメータに表示されていれば、FCPXで切り替えすることができるようになります。

まとめ

Motionでタイトルと作る時はリグの設定をしておいた方が、編集が楽になります。

リグを設定することにより、効率の良い、動画編集をすることができるようになります。