記録

ミラーレス一眼で星空を撮影する時は月夜は避けねばならない。

先日、初の星空撮影に行ってきました。

結論から言うと、うまく撮れずに帰ってきたわけですが、結構面白かったです。

かめ
かめ
星がとれなかっただけさ。。。

星空を撮る時のコツは掴んだので、記しておきます。

今回の装備品はこちら

  • ミラーレス本体(α7ⅲ)
  • レンズ(FE 24-105mm F4 G OSS)
  • 三脚

星空を撮影する時に使用した設定

カメラの設定はこれでやりました。

F値 解放(今回のレンズだとF4.0)

シャッタースピード 30秒

ISO 100〜1600

ホワイトバランス AUTO

フォーカス マニュアルフォーカス

三脚へミラーレス一眼を固定して、撮影したい星空にカメラを向けていざ!!

星空を撮影する時は月夜は避けよう

今回、星空とるぞー!!っと行った日はとても天気はよかったんですが、月が眩しい夜でした。

かめ
かめ
これは月と一緒に星撮ったらかっこいいかも?

そんな甘いこと思いながら撮影しに行ったんですが、完全に甘かったです。

まずはこれです。

月が明るすぎて、星が見えない。
かめ
かめ
でも、なんか綺麗だからOK

とりあえず、月夜に星の撮影は不可ということがわかってよかった。。。

月も撮ってみた

周りのリングが綺麗だったなぁー。ISO100で撮影。

次回、星空リベンジしてきます!

夜景も撮ってみた

星がだめなら、夜景くらいは撮って帰ろうと思って、撮影してきました。

撮影場所は山口県宇部市の竜王山公園に行ってきました。

設定はこちらで撮影

F値 解放(今回のレンズだとF4.0)

シャッタースピード 10秒

ISO 100

ホワイトバランス AUTO

フォーカス マニュアルフォーカス

工場の煙がシャッタースピード落とすと、幻想的な感じになるが好きになりました。

まとめ

月や、街灯など、明るい場所だと、星はしっかりと映らないです。

カメラには光の加減が非常に重要になります。 月の影響は確実に受けるので、新月を狙って撮影に行く必要があります。新月かどうかは事前にチェックしましょう。

三脚で固定し、F値解放、シャッタースピード30秒にすると、夜でも明るい写真がしっかりと撮れるので、結構楽しいです。

かめ
かめ
次回、絶対綺麗な星空撮る!!